広島県放課後ネット2015総会

14日(日)に、あゆむも加入している「障害のある子どもの放課後保障広島県ネットワーク(広島県放課後ネット)」の2015年度総会と、お二人の講師による記念講演がありました。

千葉県九十九里町から、放課後等デイサービスと生活介護の多機能型施設「マナの家」施設長の田中さんにお越しいただき、マナの家での活動等を聞かせていただきました。

驚くのは、広島市の事業所からは想像できないような外活動をたくさんされていること。

海・キャンプ・渋谷・サーキット場・高校野球予選観戦…等々!

キーワードは「自分の放課後を覚えていますか?」

はい、覚えてます。あんなことやそんなこと、いろーんなことをしてました。

子どもを取りまくトライアングル→家庭・学校・地域。

私達の活動は、地域の中に属します。

地域の中での活動・生活、それが障害支援の目標ですが、放課後等デイサービスの看板をあげる者として、改めて身に浸みるお話でした。


講演内容の詳細についてお伝えはしたいのですが、ここには書ききれないため、ごくごく一部だけ記しますね、すみませんm(_ _)m

子供達の放課後活動の中で、できているか?の問いかけのうちの一部の項目です。


「自己主張の訓練はできていますか」

「権利を行使して社会に参加してゆく道を整えていますか」

「取引できていますか」

「真剣に夢をみれていますか」